プロフィール

クママ

Author:クママ

愛犬クーを突然失い、 新たな家族を迎えて息子と 共に前進することを選びました!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

はいさ~い!


最新記事


リンク


カテゴリ


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月7日

クーが突然私達の元から消えた



昨日は祭りの2日目
クーも一緒に祭り会場に行きました

祭1

姪達とも会い、皆で写真撮影

祭2

その後、我が家に移動して
「いろ」&「けいじ」も加わり
いつものように、運動会状態


クーは私に抱っこされて
楽しそうに笑顔を見せていました。

夜


しかしこの写真がクー最後の写真に・・・



皆が帰宅する時、ちょっとした隙にクーが玄関から外へ・・・

直後 車にはねられました・・・


相手はタクシー
しかも偶然私の叔父の運転するタクシー

こんな事って・・・
すでに息をしていないクーを抱え
すぐにそのまま叔父がタクシーをとばして病院に連れて行って
くれましたが、日曜の夜
閉まっていました。
ドアを何度も叩きましたが、誰もいなかった

即死でした
息子もその後帰ってきて
私があまりにも動揺していたので
自分も悲しいはずなのに
何度も何度も私を励まし

俺が今日祭りに行って遅くなったからだ・・・
俺のせいだ

と自分を責め続けていました。

ちがうよ
お母さんが目を離したから・・・


手や洋服にクーの血が・・・


夜 クーの遺体を間に
一晩中息子と2人で泣きました。

これから どうしたらいいんだろう。
クーがいない生活なんて
私も息子も答えがでません
家中クーの匂いが残っています
今でもいつもの寝床からこっちを見ているような。




今朝 クーを埋めてきました。
好き嫌いが激しい仔なので、クーの大好きなフードとおやつ
それからオモチャとクーの大好きな息子の靴下をいれてあげました。
今でもまだ信じられません
昨日お風呂にもいれてあげたばかり。
クーはシャンプーの良い匂いでした。



私は息子と約束しました
2人で頑張ろうって
息子の為にも私が早く元気にならないと
この先ずっと2人で自分を責め続ける事になるから・・・


淋しがり屋のクー
大丈夫? 犬が苦手だけど、友達と仲良くしてよ。

そこはどんな所なの?

のびのび

こんな風に走り回っているのかな?


クー お母さんもコウも淋しいけど頑張るよ。
コウが言ってたよ
いつでも帰っておいでって
お母さんも待ってるよ。
もっともっといっぱい、いろんな場所に行きたかった
もっと一緒に過ごすはずだった

まだ気持ちの整理はつきませんが
これが現実なんですね


今日でブログの更新を終えます

今まで見に来てくれてた方々へ
本当にありがとうございました。
そして、これからもクーの分までワンちゃん達を
可愛がってあげてください。

最後にとびっきりの笑顔の写真で締めくくります
ありがとうございました。

笑顔のクー



      笑顔いっぱいのクーです!!

  ↓  ↓  ↓  ↓

ブログ村
にほんブログ村


br_decobanner_20100722155414.gif
にほんブログ村パピヨン
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

コメント

昨晩は私も眠れませんでした。
クーちゃんが何度も夢に出てきて、何度も目が覚めました。
クーちゃんの思い出、私も大切にしていきます。
クママさん、クーちゃんの為にも早く立ち直れる日が来ること願っています。

クーちゃんは、いつでも、これからもずっと
クママさん家族の側にいます。

ある霊感の強い人の本に
「犬は亡くなった後も、ちゃんと飼い主の側にいます。
犬は自分が亡くなった事に気付きません。
だから、飼い主がいつまでも泣いていると、自分が何か悪いことしたのかな?と不安になります。
だから、悲しくても笑顔でいてください。
愛犬は、飼い主の笑顔と、美味しいもの、お散歩が大好きです。だから、いつも美味しいものを供えてあげて、
そして、いつでも一緒に出かけてあげてください」
と書いてありました。
私はこの言葉で気持ちの入れ替えが出来、立ち直っていけました。

私のブログからクママさんのブログのブックマーク
消しません。

momotaro犬舎、私の隣の県にあります。
今の段階では不明ですが探すことも可能かと思います
クーちゃんと同じ血を受け継いでる子いるとおもいます。
こんな話、今のクママさんの心中からはしたくないのですが、これが最後の更新と言う事なので
お許しください。気に障りましたらごめんなさい。
心の片隅にでも記憶していただけたらと思います
このような内容を記してしまいました。非公開コメントで失礼します

また、[バカ犬の独り言」遊びに来てくださいね
これでお別れなんて寂しすぎます。

コウ君へ
クーちゃんが亡くなったと聞いて驚いたよ。俺も気持ちはわかる。でも、クーちゃんが亡くなったのは自分のせいだと思っちゃいけないぞ。クーちゃんが余計心配するから、早く元気出して立ち上がれよ。
カノンの兄より

ご冥福をお祈りします。

クママさん、先ほどクーちゃんの悲しい事故を知りました。
昨日は気づかすにごめんなさい。
いつもどおりに、バカな日記を更新してしまいました。
申し訳ないです。

さきほど、息子さんの日記から読んで
涙が止まらなくなりました。

とてもかわいいクーちゃん。
うちのさぶろーが生きてたときから
コメントくださって、さぶろーも
「クーちゃんは鉄子の小さいときに似てる」と言っていました。
突然のことで、クママさんも息子さんもまだ現実とは信じられない状態でいらっしゃると思います。
弓さんもおっしゃっていますが
クーちゃんは今、ご家族の側にいていつもと同じように
甘えん坊してると思うんですよ。
姿が見えなくてもずっと一緒にいてくれる。
きっとそうなんです。
さぶろーの場合とは違いますが
さぶろーはいなくなったけど
毎日そばで気配があるんです。
そして私は毎日話しかける。
クーちゃん、そうだよね。
今もおうちにいるね。
そしてママとおにいちゃんを見守ってね。

おばちゃんは、さぶろーを元気にはげましてくれたクーちゃんを忘れないよ。
ブログのリンクもそのままにしておくよ。

クママさん、ブログ最後の更新とのこと、
寂しいですがお気持ちも良くわかります。
でもできたらこのまま残しておいて欲しいです、
またクーちゃんに会いに来させてください。

クママさん、息子さん、おつらい日々ですが
どうかお体をお大事になさってください。

こんなことを私が申してもお心が楽になるはずもないのですが
クーちゃん、こんなに可愛がられて幸せな日々だったと思います。
その思い出を持って今は安らかに眠っていると思います。

私の主人も昔飼っていた犬を
事故で目の前で亡くしたそうです。
主人もしばらく立ち直れなかった。
でもクママさん、どうかご自分を責めすぎないでくださいね。
クーちゃんはきっとそれを望んでいないと思います。
クーちゃんはずっとずっとクママさんの幸せを願っていると思います。
クーちゃん、明るくてかわいくて大好きでした。

クーちゃんのご冥福を心からお祈りいたしております。

祈っています!

私がブログを始めたばかりの頃
ゴーヤの件でとても優しいコメントをもらいました
クママさんでした。
朝息子さんの記事で驚いて声が出ませんでした
クーちゃんきっと幸せでしたよ
あんなに愛されていたんだもの。。。
クーちゃんクママさんと息子さんの事きっと
どこかであの可愛い笑顔で見ていると思います
どうかいつの日か悲しみを乗り越えられますように!
いつまでもお祈りしています。。。。



クーちゃんありがとう

はじめまして、
こんな形で「はじめまして」で心が痛みます。

今日クーちゃんの事故を見て驚きました。
いつもまんべんの笑顔、そして、時々すねてるお顔
今でも忘れられません。

あまりにも突然のことで、クママさん息子さん
とてもお辛いこととお察しします。
皆さんおっしゃってらっしゃる通り、きっといつもと同じ場所で同じようにクママさん、息子さんを眺めてると思います。

クママさん、息子さん、クーちゃんの為に早く笑顔を取り戻せますよう
こころよりお祈りいたしております。

なんで、なんで、と・・・
涙が止まりません、我家のパピ・こはる2人に
ママの大好きな場所、石垣島にお友達いるんだよ。
頑張って節約して会いに行こうね、って話していたのに
まだ、知り合ったばかりなのに
クーちゃんのとの思い出大切に元気になってくださいね。
心からご冥福をお祈りします。

早すぎる別れ

今、ブログを見て事故の知り
涙が止まりません。

10月・・・ブログでいつも覗いていた
本物のクーに会えて大喜びしてたのに。
残念で残念で、どうしようもありません。

あの、やんちゃな笑顔。
可愛らしい耳。
元気いっぱい飛び跳ねる姿が
私の中にあるクーの印象です。

事故の瞬間、何が何だかわからなかっただろうね・・・
悲しすぎるね。
いつかは、お別れする日が来るのはわかってるけど
早すぎるよね。
もっともっと、一緒に歩きたかった・走りたかった
笑いたかった・・・クーもきっとそう思ってるよね。

悲しみが大きすぎて、どう慰めの言葉をかけていいのかもわかりません。

でも、いつかきっと二人に笑顔が戻ることを
きっときっと、クーも待っていると思います。
何よりも好きな二人の笑顔を、クーに見せてあげてね。

今はたくさん泣いて、そして笑えますように。
心から、クーの冥福をお祈りしてます。


クママさん、
2度目のコメントお許しください。
当方のブログにクーちゃんのこと、書かせていただきました。
さぶろーの生きていたとき、支えになってくださってありがとうございました。
さぶろーもクーちゃんが大好きだったんです。
もし、ブログに掲載したことが良くなかったら
削除しますので、ご連絡ください。
(メール書いておきます)
何度もすみません。

あいこさんの「さぶ鉄ブログ」からきました。
きのうブログを読ませてもらってびっくりです。
泣けて泣けて…。どうしても気になるのでコメント書かせてくださいね。
とびっきり笑顔のクーちゃん…。
不慮の事故ですごく残念です。
悲しい悲しいです。
クママさんも息子さんも、クーちゃんのためにいっぱい泣いて、そして元気になってください。
クーちゃんはいつもそばにいてくれてますよ。

クーちゃんのご冥福をお祈りします。

弓さんのブログから来ました。
本当に悲しい出来事です・・。
ご家族のお気持ちを思うと、おかけする言葉がみつかりません。
どうかご自分を責めないで下さい。
そして、一歩づつ前へ進んで下さい。
くーちゃんのために、どうか乗り越えてください。
私も過去に、トリミング先の事故で、愛犬を
なくしました・・・。
クーちゃん、素敵な笑顔です。
クーちゃんのご冥福、心よりお祈りいたします。


あいこさんのブログから来ました。

辛いですね。悲しいですね。悔しいですね。
いまは、くーちゃんのために一杯一杯涙を流してあげてくださいね。
くーちゃんの供養のために。。

私も2年前、2歳のパピヨンを不慮の事故で亡くしました。そしてペットロスになってしまいました。
明けても暮れても泣いてばかりいました。
そんな時、こんな詩を見つけました。

「虹の橋は、何不自由なくワンちゃん達が暮らしてます。そこで飼い主さんが来るまで楽しく過ごしているのです。でも、虹の橋のたもとにはジメジメした暗い世界があります。飼い主さんがいつまでもいつまでも泣いてばかりいると、その仔はその暗いジメジメした世界から出ることが出来ません。飼い主さんに笑顔が戻ったとき初めて虹の橋にたどり着くのです」

私も笑顔が戻るまでとてもとても時間が掛かりました。
でもあの仔を虹の橋に送ってあげなきゃいけない。。
引きつりながらも笑顔を作るようにしてきました。
今でも思い出しては涙してますが。

いまは たくさんたくさん泣いてあげてください。
涙は、くーちゃんへの愛の証。
そして、涙が枯れたらくーちゃんを虹の橋に送ってあげてくださいね。

またくーちゃんは、必ず戻ってくると信じてます。
私の元には、いま1匹のパピヨンが居ます。

くーちゃんの最高の笑顔をありがとうございました。
くーちゃんのご冥福、心よりお祈り申し上げます。

初めてのコメで、長々とすみませんでした。お許し下さい。

初めまして。 あいこさんのブログからきました。
私もこんな形で初めましてというのは申し訳ないのですが、ク~ちゃんのご冥福をと思い書かせて頂いてます。

ホントに突然のことで、クママさんも息子さんも気持ちの整理がつかないことでしょう。。。
ク~ちゃんはらぶとそんなに年齢が変わらず・・・なのに悲しすぎます。
あまりにも早すぎる死! その悲しみはいかばかりかと思います。
でも、ク~ちゃんの満面の笑顔☆ ク~ちゃんは優しいクママさんと息子さんに囲まれて幸せだったはずです。
きっとすぐに立ち直ることはできないと思いますが、
たくさんたくさん悲しんだ後は元気を取り戻してくださいね。ク~ちゃんもそれを望んでいることでしょう☆
そして、くれぐれもご自分を責めないでくださいね。
「あの時ああしていれば・・・」とご自分を責めてしまうお気持ちはよくわかりますが、きっとク~ちゃんが悲しみますよ。

時間をかけて、ゆっくりゆっくり立ち直ってくださいね。初めてのコメントで乱文をすみません。
ク~ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

鉄子ちゃんのところから来ました。
どんなにお辛いでしょうか?
目の前で、それもご親戚の方の車に・・・
考えただけで涙が止まりません。
まだ1歳という幼いくーちゃんが、こんなにも早く逝ってしまうなんて・・・
私もパピヨンと暮らしているので他人事ではなく、コメントしてしまいました。
あまりご自分をお責めにならずに・・・
くーちゃんのご冥福をお祈りいたします。

はじままして・・・あいこさんのブログからきました。
わたしも、2歳のパピヨンを飼っているので
他人事と思えずコメントしました。

突然だけに、つらいですね 涙がとまりません。
今は無理だと思いますが、お二人とも自分を責めずに
ゆっくり立ち直っていっ下さい。
クーちゃんのご冥福をお祈りいたします。

はじめまして、あいこさんのブログからきました。
このたびは突然のことで、どんなに気を落とされていることでしょう。息子さんの日記、そしてクママさんの日記を読んで涙が止まらなくなりました。

みなさんも書かれていますが、どうかご家族のみなさま、ご自分を責めないでください。
冷たい言い方ですが、クーちゃんの命だったと思います。そしてクーちゃんはクママさんのお家に迎えられて幸せだったはずです。

心からクーちゃんのご冥福をお祈りいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。